スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【米国市場テクニカル】

2010年09月20日 10:48

【米国市場テクニカル】



NY市場一目均衡表
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$djia&p=D&b=5&g=0&id=p65303570291

NY市場ボリジャーバンド
http://stockcharts.com/h-sc/ui?s=$indu&p=D&b=5&g=0&id=p92307891880


NYダウ平均をテクニカル的に見る

まずボリジャーバンドから

+2α(上昇の中心値)が下降から急に上昇を始めています。-2α(下降の中心値)上昇から下降を始めています。+2αに接近して上髭になってます。
ここで考えられるのが、+2αと-2αどちらに沿って形成するかです。上昇の場合は下降する-2αが時間の経過で横移動になり上向きに変わり値を伸ばしていきます。
下降の場合+2αは上昇を継続しながら-2αまで短時間に下落してそれが目先底のように自立反発をして-αを意識して戻しそこで上昇下落最判断をすることになります。

日足チャート

8月11日の10631ドルから10367ドルまでの陰線に着眼をする。私の作った5分チャートの法則上こうした直近の推移で目に見えた長い陰線を「陰線の遮断線」と呼びます。

「陰線の遮断線」

内部の筋目を探す。

上端10631ドルから見ると内部の筋目は10537ドルになります。
下端10367ドルから見ると内部の筋目は6月8日9939ドルをつけて10594ドルまで回帰した最上段の陰線の上端10452ドルになります。

遮断線の対応とは内部の筋目を分岐して考えそれぞれの目標にして売買を組む。

9月1日からの戻し相場で、8月11日の10631ドルから10367ドルまでの陰線の遮断線の下端10367ドルに侵入して、9月3日この内部の筋目10452ドルを意識して上昇から翌日長い陰線を出して下落したのは
この遮断線の対応をしたためです。

この10452ドルを再度突き抜けて9月13日に上端から見た内部の筋目10537ドルを意識してもみ合いになったのはこの遮断線の対応をしたためです。

この内部の筋目を抜けて10631ドル陰線の上端を超えて上髭が出てます。

上髭は反転下落を意識する。

つまり現段階では

10631ドルから10367ドルまでの陰線の遮断線上から見た内部の筋目10537ドルまでまず下げると見るのが妥当でしょう。
ここでボリジャーバンドに戻す。10537ドルまで下落した場合ではボリジャーバンドから今後の推移は予測はまだ出来ません。ただここで戻せず10452ドルまで下落した場合には-2α(下降の中心値)上昇から下降を始めていますのでそれに合わせようとする。ただしここで止まった場合には再度10631ドルを抜ける動きも意識しなければならなくなる。

上髭を否定して10631ドルを抜けた場合には5月6日10862ドルから9869ドルまで安値を付け大荒れした相場で10862ドルから10520円ドルまでの陰線の遮断を考える。

上端10862ドルから見ると内部の筋目は昨年11月9712ドル安値から上昇を継続して付けた高値10723ドルになります。


今後の推移をまとめると

10631ドルを維持している場合には上昇と下降両方を意識しなければいけなくなる。抜けた場合には10723ドルが目標になり、落とせばまた10537ドルまで目先下落する。抜ければさらに上を目指す(現段階で目標値は出てますが省略します。)

10631ドル抜けての上髭から下落すると10537ドルまで下落します。それを下抜けると10452ドルまで下落します。

-2αが下傾斜を続け特別な悪材料が出た場合には、9935ドルとかけ離れた動きをしていますが-2αまで下げます。

(9月20日 作 箕輪 俊治)



スポンサーサイト

緊急レポート

2010年09月19日 10:39

5分チャートで日中の立会いを見るとかなり悪質な売買封印が出ています。なぜここまでの操作が出ているのかをまとめてみます。

まず 財務省の対ドル為替介入の立会い日9月14日からすべては始まったと見て間違いはないでしょう。


225先物日足チャート

chart04444.gif

9月14日日中5分足

chart0914.gif

9140円をつけて9130円はこの日のPIVOTラインLBOP水準でそれを意識して売り込また。こうなるとほとんど売買が成立しない8750円コールだとか8500円コールなどが値をつけてきます。裁定業者は値を付けて新規売り建てなど売買を取らせるようにします。

10時30分ちょうどに突然9300円までの買いが出る。ロイター初のスポットで為替でドル買い介入かの第一報が流れたのは10時36分です。どう考えても5分間ずれてます。10時35分から40分のブロックでこの売買が間違い売買と見た売りが出てそれが為替介入ということがわかり、慌てて買い戻したからこのブロックで一つ前のブロックと同様の出来高が出来てます。10時50分野田財務大臣の会見ということになり、はっきりしてからの伸びは9430円でほとんど伸びてない。

10時30分から10時40分までの動きが重要になる。裁定業者は8750円コール、8500円コールなど出来高の薄い行使価格帯を開けた。で、この材料で急激に値が飛んだんで、買いを維持したんですね。値をつけるというのは買う人、売る人がいて始めて成立するもの。
通常OPでは常に個人や法人は売りから始めます。業者は売安いような価格で買い物を出すんです。この一連の動きで業者は労せずして莫大な表面利益のコールを保有することになる。SECが本気で調べれば10時30分の9300円までの買いおそらくインサイダー取引になるはず。
野田財務大臣が誰に相談して決めたかも問題ですが、注文を出すんですよね。注文を出したところは介入とわかるわけです。直接為替市場で目に見えたインサイダーは出ていないが、225先物市場ではっきりわかるインサイダーまがいの売買が出たんです。

ただ9150円は私の作った5分チャート法則上買いなんです。基本法則対応で着実に実行していればこの上昇を最後まで取れます。

8750円コールの値動き
chart8750.gif

労せずして儲けられた。その表面利益を生かしながら今回は売りが溜まっているはずと日々の相場形成やCME操作を含めて理屈に合わない上値買いを強要してくるんです。

9月17日の5分チャート日中足です。

chart917.gif

前場まったく売買が組めません。後場場合によれば売りから入れば9540円で売りを組みますので売らせて担ぎ上げてきます。つまり徹底的に上値を買わせようとした動きが続いているわけです。理由は偶然の買いが莫大な利益につながった為、またはインサイダーによる買いがうまく行ったために他なりません。


明日は今後についてレポートを出します。

ラインキングサイトに登録しました。一人でも多くの方がこのブログを読んで相場の参考にしてもらえるように、またより多くの方が会員登録して自分の投資スタイルを確立していただけるよう、ボタンを押してランキングがあがるよう応援をよろしくお願いいたします。敬具




にほんブログ村 にほんブログ村へ

9/17 -10円の損失

2010年09月19日 10:08

前場の結果

なし



後場の結果

9540円売りで9560円返済 20円の損失
9570円買いで9580円までの返済 10円の利益

10円の損失

10円の損失

chart917.gif

9500円の大台と9550円M-フラット抵抗線抜けて買い、割れて売り。それぞれ今の状態から売買を組む際はこの約束を守らないと反動売買を常に受ける。抵抗線とはそうした機能を持つから抵抗線と呼ばれる。前場はまったく売買が組めません。後場は抜けても押さえ込むサインが出て売買を難しくする。

実質「封印相場」

DTで取ろうとするとロスを食らうだけの状態といえます。

9/10 +70から+80円の利益

2010年09月12日 11:22

前場の結果

9130円買いで9180円返済 50円の利益
OR
9130円買いで9190円返済 60円の利益
9220円買いで9220円返済 0円の利益
9220円買いで9220円返済 0円の利益

50円から60円の利益

後場の結果

9160円買いで9170円返済 10円の利益
9160円買いで9170円返済 10円の利益

20円の利益

70円から80円の利益

chart0910.gif


売買指示をしているとまずSQ値を見ようと手を止める。根底には常にSQ値の下に誘導して「幻のSQ値」にしようというたくらみを考えて売りの目線になってしまいます。ということは寄りからの上昇に付いていけなくなる。

ロス逆算出など5分チャート基本戦略以外の対応の仕方でうまくいく場合もありますが、今日の場合は考えすぎると勝てない相場だったと言えます。

5分チャート基本戦略が完全なものですが、これを利用して心理上の意識とポジション上の都合で会の場面わざとロスにして売りたたくようなプログラムができている現状。

「売りだ」、「買いだ」。何で見抜けばよいのか。戦略つぶし。

オプションの建残を見るとコールとプットに隔たりがなくこうした場合には基本戦略で十分勝てるということになるのかもしれません。先入観で売買を組むよりは、目で法則対応をする方が勝てる相場なのかもしれませんね。

イブニングセッションが取引延長になり、時間配分に無理が出てきて5分チャート解析をする時間が作れなくなりましたが、今一度毎日やるべきですね。

5分チャート基本戦略で目で見て対応する。= オプション市場で売り買い交差の場合

5分チャート基本戦略とロス回避対応戦略を取りながら売買に参加する。= オプション市場で売り買い偏りがある場合

こんな図式があるのかもしれませんね。


今一度5分チャート解析会員の募集をかけます。毎日解析レポートを出します。株式、FX両方対応ができる戦略ですので本物を学んで対応できるようにしてください。

5分チャート解析会員募集のお知らせ



【概要】 この会員サービスは相場観や思い込みを捨て、5分チャートそのものの推移に沿りトレードを行う為の基礎をマスターするためのサービスです。日常立会い終了後に5分チャートの解析それぞれの局面で的確なモデル戦示します。利用者はそのモデル戦略を日々の相場の中で使い分けてトレードをする。つまり5分チャートの戦術をその局面で独自に利用して収益に結びつける。それが5分チャート分析会員サービスです。



【サービス内容】

立会い終了後5時前後までにその日の5分チャートを解析し、それぞれのケースでどう立ち回るべきかモデル戦略を記載したレポートを配信します。

立会時間中自己売買をリアルタイム公開。必ず出てくる考える場面で参考にしていただきます。


【特徴】

・相場観や主眼は利用される方の考え方次第。ただ漠然と5分チャートの形のみでの戦略を利用される方が使うだけで収益に結びつけることが出来ます。

・プログラム売買を利用されているまたはプログラムを独自に作られている方は、5分チャート戦略の考え方が理解出来てプログラムの修正に利用できます。

・投資顧問やファンド運用者は5分チャートの基礎及び実戦的戦略を身に付けることで、会員募集や運用面での収益に結びつけることが出来ます。



【募集要項】

個人 

募集期間 いつでも会員登録が出来ます。

会員費入会金 入会金として5万円いただきます。会員費は毎月最低限5000円を基準としてこの5分チャート戦略を利用しての収益から礼金として納得出来る金額を振り込んでいただきます。毎月5000円でも入金がない場合は継続拒否と判断し翌日からの配信を停止します。


つまり100%成功報酬制度にいたします。


法人ならびに投資顧問または営利目的のサイトで利用をされる方

募集期間 いつでも会員登録が出来ます

会員費入会金   入会 500万円

会員費は原則無料ですが、毎月月末にこの5分チャート戦略を利用しての収益から礼金として納得出来る金額を振り込んでいただきます。毎月1円でも入金がない場合は継続拒否と判断し、翌日からの配信を停止します。この戦略サービスは確信を持ち5分チャート戦略の最高峰です。利用されれば間違いなく収益に結びつきますので立案料として入会金はそれ相応にいただきます。直入会金のご相談もお受けしますのでお気軽にご相談ください




利用可能なサービス

戦略資料ファイル(日足データー、チャート、一目均衡表、PIVOTライン、RSI14,FIRMROC)など毎日配信を受け取れます。EXSEL形式ですのでご自身でアレンジが可能です。

朝の戦略メール、ザラ場の戦略受信

会員専用ページ閲覧
5分チャートの基本法則など各種戦略カバー

勉強会参加

--------------------------------------------------------------------------------

登録方法

下記登録画面から必要事項を明記して送信してください。入会コースには、5分チャート解析会員登録希望と明記してください。

登録

9/3 +60円から+80円の利益

2010年09月05日 12:15

前場の結果

9120円買いで9120円返済 0円の利益
OR
9120円買いで9130円返済 10円の利益
9100円売りで9090円返済 10円の利益

10円から20円の利益

後場の結果

9060円売りで9050円返済 10円の利益
OR
9060円売りで9060円返済 0円の利益
9080円買いで9110円返済 30円の利益
9100円売りで9080円までの返済 20円の利益

50円から60円の利益

60円から80円の利益


chart0903.gif

幻想と錯覚を作りかく乱する日中の相場ですが、根底にはうちの最高峰の5分チャート戦略を勉強して変化をつけて自動売買システムを業者の悪質な操作で法則破りを企てようとするのでしょう。ただ法人500万円を支払い入会する先は今のところ出ていません。この辺が頭にくるところですが。

ただ法則は破られませんから、必ずかく乱売買の中でも鉄板の取れる時間帯を作ります。今日は13時から14時まででした。取り逃がしをしなければ今の悪質売買相場でも必ず勝てます。

8/31 +40

2010年09月01日 05:48

前場の結果

無し



後場の結果

8880円買いで8900円返済 20円の利益
8850円売りで8830円返済 20円の利益

40円の利益

40円の利益


chart0831.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。