スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/17+160円の利益と解説

2008年12月17日 18:07

5分チャート解析は2日に1回で進めています。売買も2日に1回の割合なら楽なのですが。


chart1217.gif


前場の結果

8560円前後の買で8770円返済         10円の利益
8720円前後の売りで8680円前後の返済    60円の利益
8640円前後の売りで8670円の返済       30円の損失
8680円買で8710円返済              30円の利益
8710円買で8710円返済              0

70円の利益

後場の結果

8600円売で8600円返済              0
8580円買で8550円返済             30円の損失
8480円買で8530円返済             50円の利益
8580円買で8650円返済             70円の利益

90円の利益

160円の利益


【解説】 

寄りからの陰線は13本で機械的に売りを入れて利益を積み上げられそうな形なのですが、後場実は売りは組めないのです。基本戦略で対応すると買いを待つー売り仕掛けが出るの繰り返しで、そういう意味でも今日の立ち合いはおかしいと言えるでしょう。唯一わかりやすかったのが13本確定して8410円今日の安値で下髭を出し戻しの局面。前回の解説でもお話したのですが、下髭の法則を使い買いを組み、8550円M-フラット抵抗線で確定。その後髭の法則を使い買いを組み最後まで持続。何故持続できるかといえば、前引値8660円と陰線の分岐での法則が適用されて引け返済に成る。

難しいでしょうね。でも法則を覚えるとそうなるんです。興味が沸いたら会員登録してください。すべて「なるほど!」となりますよきっと。

お疲れ様でした。



それにしても疲れる撹乱相場ですね。ゲッソリ。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sanmino.blog86.fc2.com/tb.php/10-e8257d41
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。