スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土、日いろいろ考えて見ましょう

2009年02月28日 13:50

おはようございます。2月も終わりますねそこで今日はいろいろと話したいことがありますので、良く読んで置いてください。土日いろいろ考えて見ましょう。



225戦略会員サービス通常会員プラント5分チャート解析プランについて考える




通常会員プラン

2009年2月26日-20000円(2月集計+140000円)
2009年度収益合計+620000円
戦略指示時間 売買指示内容と返済内容 収支
2009年2月26日 9:39 7550円売7570円返済 -20000円
2009年2月26日 10:02 7570円売7570円返済 0円
2009年2月26日 12:33 7520円買7520円返済 0円

2009年2月27日+40000円(2月集計+180000円)
2009年度収益合計+660000円
戦略指示時間 売買指示内容と返済内容 収支
2009年2月27日 9:04 7430円買7450円返済 +20000円
2009年2月27日 10:26 7480円買7500円返済 +20000円




2月の通常会員戦略指示のモデル収支は+140000円です。この数字以上に利益が出た会員もおられれば、逆にマイナスの会員もおられます。



何故収益に違いが出るのか




HPの会員専用ページには5分チャートの4つの定義と11の戦略技法の対応の仕方を載せてます。これを自主対応で取れれば利益はさらに上積みされ、ロスカッと基準を指示してますからロスして勝てる指示を見送れば、または早いうちに利益を確定してしまえばマイナスになります。



勉強会でロスの仕方を教えています。板でどう判断してロスするか。無駄なロスを避けさせるためにチャットルームで「がんばれロスするな」だとか「ここでロス」だとかいろいろ工夫してますが、先にロスしてしまう会員の方も多いのが現状です。



225戦略会員サービス通常会員プラント5分チャート解析プランの違い1




5分チャート解析モデル収益

2/2 +130円から+150円の利益
2/4 +110円から+130円の利益
2/6 +30円から-30円の損失
2/10 +40円の利益
2/12 +160円の利益
2/13 +90円の利益
2/17 +40円から+50円の利益
2/19 0円から+30円の利益
2/20 20円の損失
2/23 +180円の利益
2/26 +50円から60円の利益
2/27 +120円から130円の利益

2月12日間で+930円から+970円の利益



通常会員プランと大きく違うことがわかるでしょう。何故違いが出るのか?。



見て判断する自主対応型5分チャート戦略と、先読みしてコメントを書いて指示する通常会員プラン実質無理があるんです。



5分チャートの4つの定義と11の戦略技法の対応の仕方を覚え、評判をいただいている先読みをリアル対応で受けて行動すれば負けるわけはない。収益は最大に上ります。



5分チャートの4つの定義と11の戦略技法の対応の仕方を覚え、考える局面での箕輪の考え方を参考に日々トレードすれば必ず勝てる。そういう結論になります。



225戦略会員サービス通常会員プラント5分チャート解析プランの違い2



2/27は前場のみ通常会員に指示を出してますから、前場のみで比べてみます。



戦略指示時間 売買指示内容と返済内容 収支
2009年2月27日 9:04 7430円買7450円返済 +20000円
2009年2月27日 10:26 7480円買7500円返済 +20000円





5分チャート戦略

前場の結果

7450円買いで7450円返済 0円の利益
OR
7450円買いで7440円返済 10円の損失
7470円買いで7520円前後の返済 50円の利益
7500円売りで7490円返済 10円の利益
7510円買いで7510円返済 0円の利益
7510円買いで7510円返済 0円の利益

50円から60円の利益



2009年2月27日 9:04の指示は先読みの指示で通常会員向けでは7430円で買を組んで7450円返済出来てます。一方5分チャートを見ての対応戦略は7450円を後から買いに出て同値処分になります。




2009年2月27日 10:26の指示でほとんど同じ買い付け価格で確定に違いが出ています。なぜか?

それは5分チャート戦略は形をみて決めるもの、通常会員戦略は先読みをして動くもの。通常会員で確定指示を出したのはこれ以上ここで伸びないだろうという憶測からで、5分チャート戦略上の定義を使うと7520円返済が出来るんです。




つまり5分チャート戦略の4つの定義と11の戦略技法を覚えていれば指示が来た、それでも5分チャートを見極めて対応することが出来ればその方が利益が出るんです。




5分チャート戦略の4つの定義と11の戦略技法を覚えて、リアルトレード時にわからない迷う場面で箕輪の考え方を参考にして対応する。




事実上これが最も勝てる225先物トレードでしょう。







投資顧問と225戦略会員サービスについて対比して考える




投資顧問の平均的な利用料金




株式投資アドバイス 株式会員 電話によるアドバイス 315000円(年間)+成功報酬20% 資金500万円以上
先物投資アドバイス 先物会員 電話によるアドバイス 315000円(年間)+成功報酬20% 資金300万円以上
先物メールサービス マーケットアプローチ メールによる売買指示 157500円(3ヶ月)+成功報酬10% 資金300万円以上
FX取引 FXアプローチ メールによる売買指示 157500円(3ヶ月) なし
電話情報サービス 相場のこころ 0990-518-518 一日3回市況解析速報 300円(1回) NTT回線のみ
株式レポート Montana Market Report チャート分析 72000円(26回) なし Sample
投資セミナー CLEOPATRA 投資講座 63000円(3ヶ月 24時間)




三共箕輪の225戦略会員サービス利用料金




通常会員プラン       入会金20000円 月会費平均15000円

5分チャート解析会員    入会金50000円 月会費寸志




勉強会無料参加 各日の全時間帯5分チャート解析 リアルトレード全時間帯戦略コメント





投資顧問賀しているサービスはすべて見えます。どんな肩書きを持つものが運営している投資顧問でも。




正直に言います。うちの会員サービスで教えているすべての内容はどこの投資顧問よりも数段上です。




安ければ悪かろうではない。安ければなめてしまうのなら相談してくださいいくらでも高額で対応します。望むなら個別指導をします。







225先物をトレードする方はすべてこの会員プランに参加してもらいたい。これが本音です。


--------------------------------------------------------------------------------



5分チャート分析会員募集のお知らせ



【概要】 この会員サービスは相場観や思い込みを捨て、5分チャートそのものの推移に沿りトレードを行う為の基礎をマスターするためのサービスです。日常立会い終了後に5分チャートの解析それぞれの局面で的確なモデル戦示します。利用者はそのモデル戦略を日々の相場の中で使い分けてトレードをする。つまり5分チャートの戦術をその局面で独自に利用して収益に結びつける。それが5分チャート分析会員サービスです。


【サービス内容】

立会い終了後5時前後までにその日の5分チャートを解析し、それぞれのケースでどう立ち回るべきかモデル戦略を記載したレポートを配信します。


【特徴】

・相場観や主眼は利用される方の考え方次第。ただ漠然と5分チャートの形のみでの戦略を利用される方が使うだけで収益に結びつけることが出来ます。

・プログラム売買を利用されているまたはプログラムを独自に作られている方は、5分チャート戦略の考え方が理解出来てプログラムの修正に利用できます。

・投資顧問やファンド運用者は5分チャートの基礎及び実戦的戦略を身に付けることで、会員募集や運用面での収益に結びつけることが出来ます。


【募集要項】

個人 

募集期間 いつでも会員登録が出来ます。

会員費入会金 入会金として5万円いただきます。会員費は原則無料ですが、毎月月末にこの5分チャート戦略を利用しての収益から礼金として納得出来る金額を振り込んでいただきます。毎月1円でも入金がない場合は継続拒否と判断し翌日からの配信を停止します。

つまり100%成功報酬制度にいたします。


法人ならびに投資顧問または営利目的のサイトで利用をされる方

募集期間 いつでも会員登録が出来ます

会員費入会金   入会 500万円

会員費は原則無料ですが、毎月月末にこの5分チャート戦略を利用しての収益から礼金として納得出来る金額を振り込んでいただきます。毎月1円でも入金がない場合は継続拒否と判断し、翌日からの配信を停止します。この戦略サービスは確信を持ち5分チャート戦略の最高峰です。利用されれば間違いなく収益に結びつきますので立案料として入会金はそれ相応にいただきます。直入会金のご相談もお受けしますのでお気軽にご相談ください





利用可能なサービス

戦略資料ファイル(日足データー、チャート、一目均衡表、PIVOTライン、RSI14,FIRMROC)など毎日配信を受け取れます。EXSEL形式ですのでご自身でアレンジが可能です。

朝の戦略メール 、ザラ場の戦略受信

会員専用ページ閲覧
5分チャートの基本法則など各種戦略カバー

直接アドバイス

勉強会参加

登録方法

下記登録画面から必要事項を明記して送信してください。入会コースには、5分チャート解析会員登録希望と明記してください。

登録画面へ


--------------------------------------------------------------------------------

相場について考える


27日の米株式相場は3日続落。ダウ工業株30種平均は前日比119ドル15セント安の7062ドル93セントと、1997年5月以来約11年10カ月ぶりの安値で終えた。


日本市場を考えると日経平均、TOPIX先物。225先物すべてとっくに12年間の下値を割れてます。
1月の鉱工業生産指数は過去最大の下落幅を記録したが、同時に明らかになった製造工業生産予測調査で3月の生産回復が示唆され、景気後退の長期化に対する警戒感が薄れた。


国民健康保険の運用評価損は最大に膨らんだ。


この状態でまた下値を模索してよいのか?良く考えて見ましょう。


私の見解からは良くないと思います。つまり日本は株を上げなきゃいけないんです。






いろいろ考える土日を過ごしてみてください。良い週末を







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sanmino.blog86.fc2.com/tb.php/56-cdd3b416
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。