スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/5 30円から50円の利益

2009年06月06日 08:33

前場の結果

9750円売りで8740円返済 10円の利益

10円の利益

後場の結果

9740円買いで9780円返済 40円の利益
OR
9740円買いで9750円返済 10円の利益
9770円買いで9780円返済 10円の利益

20円から40円の利益



30円から50円の利益

chart65.gif

【今週の相場のまとめ】


今週1週間はもみ合いになる場面が多く、相場に参加して変化を待とうとすればかなり神経が参る相場が続いたように思えます。利益がその分出ればよいのですが、取れない相場が多かったように思えす。5分チャート戦略の定義には「もみ合いの法則」と言うものが有り、それほど神経を尖らせる必要はないのですが、私の場合ザラ場全時間帯変動を考えて見守り通常会員向けに戦略指導をするのが仕事ですので、正直かなり参りました。昨日は寄りからの陰線5本を確定すれば買い仕掛けは作りやすい。9710円M-フラット抵抗線があり9530円から9520円決まり切った形を妨害する買いが出てもみあいになり、自己トレードや通常会員向けの指示はお休みしました。何時に変動するのは分単位でわかりますが、あまり戦略基本内容はお話できないのでただその変動時間がわかるものの完全に動く時間はその都度見ないといけません。限界を感じてしまいましたので休みました。ただ変動時間をその都度見て後は休み休み形が完成したら戦略は取れる。


今週の相場を考えると

DT戦略上神経をすり減らさせておいて、最終日にはわかりきったパターンいさせておいて時間的に長引かせることで収益を取る機会を失わさせた。さらにはきっちり調整下落をさせないことで、かく乱して最後には米国市場変動がないのにCME終値は8885円と大幅に上昇して終えている。


リスクを回避して買いポジションを確定で閉じ、保証金引き下げの後の売り仕掛けての矢継ぎ早の上昇を狙い待っていれば、9500円どころで週末を利用して買いを組んだ筋がそのまま「上昇、上昇」と無理に押し上げる。1万円を狙うゲームのような対応はヘッジファンドに資金がたくさん回り始めた証拠でしょう。

先物の手口を見ると大和SMBCなど年金運用部門を持つ国内証券の買いが目立ち始めてます。景気対策で出たお金振り分けられたところはその使い道に困り、株式運用をするはずと過去話たと思います。資金が集まり自社の自己売買部門が買いを入れているのか、それとも運用で先物買いをしているのかはわかりませんが先高感は強い。ただ来週はまさかの下落で踏み上がりのパターンをサイド警戒して立会いに参加しましょう。225戦略会員には「羽目をはずして遊んで来い」と打診してます。そして来週からの激動をうまく取りましょう。お疲れ様でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sanmino.blog86.fc2.com/tb.php/97-882030ba
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。