スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブニング跨ぎ 1/21 +60円から+70円の利益

2011年01月22日 14:39

chart122.gif

前場の結果

10390円売りで10380円返済  10円の利益
10360円買いで10360円返済  0円の利益

                    10円の利益


後場の結果

10370円買いで10360円返済  20円の損失
OR

10370円買いで10340円返済  30円の損失

10270円買いでイブニング指値対応になり10350円返済  80円の利益

                 50円から60円の利益

60円から70円の利益

【解説】

下落しているので売りで取れると思いましたが、売り方に悪意があり買いを意識しておいて売り仕掛け。さらにはPIVOTライン上売れないLBOPで売りをかける。さらにM-フラット抵抗線で売りをかける。M-フラット抵抗線とは10280円を示します。割り込んだことで以下の法則の適用が出来た。割り込ませたことでようやく大きく勝てるサインが出た相場だったと思います。まさに10280円割れは助け舟だったと思えます。

PIVOTラインLBOP割れで寄りからの陰線12本以上になると必ず翌日寄りからの陰線6本目の下端まで戻す。

寄りからの陰線は10260円で12本。つまりこれを見てロス無しでイブニングを視野にした買い放置が出来た。イブニングセッションは日中の立会い時間よりも長くなって着てますので、2011年度の方針として継続も視野に取引に参加するしかない。

寄りからの陰線6本目の下端は10350円。10350円と言う数字は投機筋が好む筋目ですから、当然押さえが出ると思って、最初から10350円指値して出来なければそれまで来週に回すくらいの覚悟でずっとイブニングを最初から最後まで見ておく必要は無かったと言えますので、楽な形で相場に参加できたと思います。




1/14 +20円の利益

2011年01月16日 13:52

chart01141.gif

前場の結果

10560円買いで10570円返済  10円の利益

                    10円の利益


後場の結果

10520円売りで10510円返済  10円の利益

                     10円の利益

20円の利益


解説

売りで取れそうで買いを意識させてそれを約定させず宿題を残し下げた相場だったと思います。

12/17 0円

2010年12月18日 08:19

chart12171.gif

前場の結果

売買機会なし



後場の結果

10310円買いで10300円返済  10円の損失
10290円買いで10300円返済  10円の利益

                     0円

0円の利益

解説

売買を取る形を作るがそれを打ち消す。その繰り返しです。米国市場の上昇など動ける材料は出てきますが、頑固なまでにレンジを動かさないようにする特定の相場操縦者がいるはずです。週明け水曜日に変動が起こるはずですが、それまで我慢ですね。

12/14 +10円

2010年12月15日 04:43

chart12141.gif

前場の結果

10290円買いで10310円返済  20円の利益

                     0円から40円の利益 20円の利益


後場の結果

10300円買いで10280円返済  20円の損失
10300円買いで10310円返済  10円の利益

                     0円から40円の利益 10円の損失

10円の利益


解説

値幅は60円で抵抗線(M-フラット抵抗線)直接の売買を避けると利益が出ても難癖が入ると失う。結局明日の売買での変動を物語る結果だったようです。

12/10 +10円から+50円の利益

2010年12月12日 10:04

chart1210.gif

前場の結果

10230円売りで10200円返済   30円の利益
OR
10210円売りで10200円返済   10円の利益


10230円買いで10230円返済  0円の利益
OR
10210円前後の買いで10230円返済  20円の利益
10240円買いで10230円返済  10円の損失

                     0円から40円の利益


後場の結果

10240円買いで10250円返済  10円の利益

                     0円から40円の利益 10円の利益

10円から50円の利益

解説

相場を考えた場合PIVOTラインを必ず見ます。今日のPIVOTラインの下限は10190円LBOP水準。通常だとこの下は無いと考える。このLBOP水準を考えて行動をすると売買を組むタイミングが異なりORという選択肢が出来ます。

今日の相場はひどいもので法則対応で買いのサインと合わせて直後に否定のサインを出す。まったく同じ価格でまったく同じ形を2回作られる。これでは参加は不能です。10時の段階で賢い選択は取引を終えることでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。